原曲どおりに演奏してるのに
 バンドサウンドがパッとしない・・・
 仕上がりを良くするには・・・?


 バンドサウンドを良くするには練習も必要ですが
 
良い感じに聞かせるコツや意識するポイント
 心得しだいで実力以上にも以下にもなります。

 教則DVDなどではテクニック的な内容が多いので
 こういった「音楽のコツ」体得するまでに
 時間がかかります。
 
 しかし、経験者=講師にアドバイスを受けるだけで
 すぐによくなるポイントも多分にあります。

  これらは応用が利くのでバンドを続ける上で、
 
より楽しめる大きな財産になります。

   ジャンル等のご要望に合わせて
        経験豊富な講師が担当します。

 体験レッスン受付中!!

 講師とのセッションを通じたレッスンで、音を合わせる
 感触や楽しさはもちろん、グルーブやアプローチの
 仕方が実践的に身につきます。
 
 また、バンドリハーサルやライブに備えたい時など
 にもご活用下さい。
 組み合わせ例
 ----ベースの生徒さんにドラム講師---
 ----ピアノの生徒さんにベース講師---
  この他にもいろいろな組み合わせにお応えします。
 体験レッスン受付中!!

 各パートごとにアンサンブル上のアドバイスを通じ
 バンドの総合力アップをお手伝いします。
 バンド構成やそれぞれのプレイを踏まえて
 造り上げていくノウハウを得られます。

 基本的に講師は演奏に参加しませんが、
 必要であればその場で可能な範囲で実演を
 交えることもできます。

 受講例
 
バンド単位 / ドラムとベースのリズムユニット
 ヴォーカルとギターのディオなど、ご要望に応じます
 体験レッスン受付中!!

曲目・曲数制限は有りませんが講師が伴奏する際は
 その限りではありません。

講師の担当楽器以外に関しましては楽器の専門的なアドバイス
 よりアクセントグルーブ・ダイナミクス・バランス音色
 フレージング等のアドバイスが主となります。

事前に資料(音源や楽譜)を要求する場合があります。

講師伴奏を前提とする場合、音源や楽譜の確保に費用を
 別途承る場合がありますが準備が不要な曲も数多く
 ございますのでお気軽にお問い合わせください。
 また、単純なブルース・シンプルな曲・スタンダード等、又は
 4・8・16ビートシャッフル等のジャムセッション(即興演奏)
 などの準備が不要な場合も別途費用は不要です